神奈川県下の地盤調査・地盤補強工事は安全と信頼の株式会社バンゼンにご相談ください。

安心生活のお手伝い 株式会社バンゼン
ホーム 会社概要 お問い合わせ プライバシーポリシー  
ご挨拶
地盤調査
地盤補強工事
ブレードバイル
ご依頼からの流れ
保証について
お問い合わせ
取扱業務・試験方法
[地盤調査]
スウェーデン式サウンディング
・ラムサウンディング
ボーリング及び標準貫入試験
平板載荷試験
・各種土質試験

[地盤補強工事]
表層改良
柱状改良(ソイルセメントコラム)
鋼管杭
薬液注入
家屋沈下修正
ブレードパイル
bDパイル
日本ブレードパイル協会
地盤調査
主な地盤調査 スウェーデン式サウンディング ボーリング及び標準貫入試験 平板載荷試験

スウェーデン式サウンディング  
現在戸建て住宅の地盤調査として最も多く利用されている利便性・経済性に優れた調査方法です。先端にスクリューの付いたロッドにおもりを載せ地盤に貫入させる試験で、貫入時に要する荷重と回転数や貫入状況から地盤の硬軟を計測します。
当社ではこの計測結果と地形条件や土地の旧暦等も考慮し住宅地盤調査主任技士が総合的に解析を行っております。
【スウェーデン式サウンディングとは?】
戸建住宅向けに普及している簡易地盤調査の手法の1つ。
省略してSS試験ともいう。方法は、ロッド(鉄管)の先端にスクリューポイントと呼ばれる円錐形の錐(きり)をつけて、地面に突き立て、段階的に100kgまでの鉄の重りを載せた時の沈み具合を測定する。ロッドが下がらない場合は、ハンドルをつけて回転させながら貫入させ、その回転数(Nsw)を25cmごとに最大10mまで記録する。特に浅い部分で精度の高いデータがとれる。

 
このページの先頭に戻る

ボーリング及び標準貫入試験  
未知の地盤の調査としては最適で、戸建住宅に限らず地盤調査の中で最も普及している調査方法です。ボーリングマシン(掘削機)で穴を掘り、その孔底に管状のサンプラーを取り付けたボーリングロッドを建て、上からおもりを落下させてサンプラーを打ち込むのに要する回数(N値)を求め地盤の硬軟を調べる試験で、サンプラー内に詰まった土を直接見て地層構成を判断することができ、別途サンプリング(採取)を行い様々な土質試験に利用することも可能です。
【標準貫入試験とは?】
標準貫入試験は、JISの規格に従って、地盤の硬軟、締まり具
合、または土層の構成を判別するために行われる。その方法とは質量63.5kgのハンマーを76cmの高さから自由落下させて、試験用サンプラーを約30cm打ち込むのに要する打撃数を調べ、そのあと、サンプラーが採取した土の分析を行うもの。標準貫入試験は通常深度1mごとに実施する。

【ボーリング調査とは?】
機械器具を用いて地盤に深い孔を掘ることを「ボーリング(boring=穿孔作業、試錐)」という。地盤の性質を表す土質柱状図=ボーリング図を作るために行うのがボーリング調査。鉱山や井戸のボーリング技術を応用している。ロータリー式、ハンドオーガー式などがある。ボーリング孔を利用することで、標準貫入試験、土のサンプリング、地下水位測定、現場透水試験などさまざまな試験ができる。
 
このページの先頭に戻る

平板載荷試験  
原地盤の支持力を直接測定できる試験で、載荷板(通常直径30cm)の1.5〜2.0倍程度の深さを対象とする浅い部分の地盤調査として用いられます。載荷板を水平に置き、荷重計、変位計、ジャッキをセットし油圧ショベルやアンカー杭等の反力を載荷板に与え、この荷重と沈下量の関係から地盤の変形や強さ等の支持力特性を調べることができます。
【平板載荷試験とは?】
土地の地耐力を測るための試験を指します。地耐力とは、地盤が荷重に耐えうる力のことで、一般に1平方メートルで何トンの重さを支えられるかで表します。建物の耐久性において、最も重要なポイントは、地盤。地盤が建物の荷重に耐え切れないと、地震などに襲われる前に、家は自分の重さで傾き、崩壊してしまいます。この地盤の強さを地耐力という。地耐力によって、その上に築く基礎の形も変わってきます。

 
このページの先頭に戻る
ホーム会社概要ご挨拶地盤調査地盤補強工事ブレードパイルご依頼からの流れ保証についてお問い合わせ
安心生活のお手伝い 株式会社バンゼン   〒240-0053 横浜市保土ヶ谷区新井町220-26
TEL : 045-370-3077 FAX : 045-370-3099