神奈川県下の地盤調査・地盤補強工事は安全と信頼の株式会社バンゼンにご相談ください。

安心生活のお手伝い 株式会社バンゼン
ホーム 会社概要 お問い合わせ プライバシーポリシー  
ご挨拶
地盤調査
地盤補強工事
ブレードバイル
ご依頼からの流れ
保証について
お問い合わせ
取扱業務・試験方法
[地盤調査]
スウェーデン式サウンディング
・ラムサウンディング
ボーリング及び標準貫入試験
平板載荷試験
・各種土質試験

[地盤補強工事]
表層改良
柱状改良(ソイルセメントコラム)
鋼管杭
薬液注入
家屋沈下修正
ブレードパイル
bDパイル
日本ブレードパイル協会
地盤補強工事
主な地盤補強工事 表層改良工事 柱状(セメントコラム)改良工事 鋼管杭工事 薬液注入工事 沈下修正工事

表層改良工事  
基礎底面直下の支持力増強及び沈下抑制を目的として表層地盤(深度1.0〜2.0m程度まで)を対象に油圧ショベル・ローラー等を使用し土に直接セメント系固化材を添加して、十分に混合撹拌・転圧・締め固めを行う地盤改良工事です。
 
固化材散布   混合撹拌
 
バケット転圧   ローラー転圧
このページの先頭に戻る

柱状改良
(ソイルセメントコラム)工事
 
現場にてセメントミルクプラントを組み、セメント系個化材と水を混ぜ合わせたスラリー(混合液)を作成し、専用重機の特殊撹拌翼先端部より地盤に注入しながら掘削・混合撹拌を行い柱状の改良体(ソイルセメントコラム)を築造する工事です。一般に先端ビット長600mmで行われる事が多く、直径600mmの改良体が造られます。施工深度は最大でも改良直径の10〜15倍程度迄の長さとし、地盤状況に応じて設計します。
 
プラント全景   掘削・注入・混合撹拌
 
改良体頭部   モールドコアー軸圧縮試験
このページの先頭に戻る

鋼管杭工事  
一般炭素鋼鋼管を特殊重機により所定の深度まで回転圧入又は、打撃貫入させる工事です。
一般に使用されている杭材は直径Φ114.3〜190.7mm、肉厚t4.5〜6.0mmで、長さはおよそ500mm単位で自由に選定できます。施工長は直径Φの100〜130倍程度迄の長さとし、杭先端部に拡底板(直径Φ300〜400mm)を取り付ける場合もあり、地盤状況に応じて設計いたします。
 
建柱車   油圧ショベル改良型
 
杭頭処理後   吊り上げ搬入
このページの先頭に戻る

薬液注入工事  
普通ポルトランドセメント、土質安定剤、水をミキサーで混練した液と珪酸ソーダ(水ガラス)の2液を別々の管からポンプで圧送し、地盤に差し込んだ注入パイプの先端で混ざり1液となった薬液を地盤に注入し対象地盤中の間隙を充填する工事で、地盤の支持力増強や湧水、漏水の防止等にも使用されています。
 
プラント全景   注入状況(手差し)
   
注入状況    
このページの先頭に戻る

沈下修正工事  
地盤が原因で建築物が傾いてしまった場合に、基礎下から建築物を持ち上げて水平に戻す工事です。基礎下を掘削し、短く切断した鋼管杭を建築物の荷重を反力とし、油圧ジャッキで圧入してゆきます。溶接継ぎを行いながら支持層まで到達させ、最終的に手動ジャッキで高さ調整を行いながらジャッキアップした後、杭頭部を固定して掘削した穴を埋め戻します。
 
@基礎下掘削   A油圧ジャッキによる圧入
 
B油圧ジャッキによる圧入   C手動ジャッキセット
 
D高さ計測   Eジャッキアップ
 
F杭頭部固定   G埋め戻し
このページの先頭に戻る
ホーム会社概要ご挨拶地盤調査地盤補強工事ブレードパイルご依頼からの流れ保証についてお問い合わせ
安心生活のお手伝い 株式会社バンゼン   〒240-0051 神奈川県横浜市保土ヶ谷区上管田町662番地
TEL : 045-370-3077 FAX : 045-370-3099